(社) ひと・まち・鎌倉ネットワーク

法人概要

●名 称 一般社団法人 ひと・まち・鎌倉ネットワーク
●設 立 平成22年8月24日
●代 表 熊倉洋介
●所在地 〒248-0013 神奈川県鎌倉市材木座5-11-3(有)熊倉洋介建築設計事務所内
●電 話 0467-53-7788
●理 事 今村文明 梅沢典雄 小原沢俊之 倉澤智 島津健 波多周 日高保 森博 諸角敬 山田博也 横松佐智子(50音順)

設立の創意

一般社団法人 人・まち・鎌倉ネットワークは、鎌倉・湘南を愛する建築家や不動産、メディアなどの専門家が、住まいやまちづくりを通して、美しい豊かな住環境を次世代につなげていきたいと願い2003年に有志により結成されました。鎌倉の自然。戦災を免れたことのより古い家屋が残る街並みや、歴史と保養所として発展してから現在に至るまでに織りなされた地域の文化を大切にし、未来へ住み継いでいきたいと考える市民の皆様と一緒に活動してまいります。

主 意

ひと・まち・鎌倉ネットワーク(通称:ひとまち と呼んでください)のメンバーは、専門家である前に、鎌倉地域の住民としての視点を大切にしています。その上で、建築や不動産その他の専門経験ならびに知識を活かし、街並みや景観保全への市民の思いを形にするお手伝いをしていきます。

住まい手として親として、住まいや身近なまちについて考えていく活動。建築家の知識・技能を活かし、住まい環境向上や景観保護への取り組み。不動産の専門家として第三者的アドバイス。自治体の委員会などにコミッティーやアドヴァイザーとしての参加。景観に関する教育啓蒙への努力など、いろいろな活動を推進していきたいと考えています。

また、道路と個人宅の境界である敷際(しきぎわ)が鎌倉の景観の要の1つであるとの考えから、路地や民家の外構の調査研究などをこれまでしてきました。よくある保存・反対運動団体というよりは、市民の皆さんと、新たに創ることで景観向上を推進するというスタンスが当団体の特徴かもしれません。

2011年の4月に、鎌倉市の景観整備機構として指定されましたので、市民の立場から住まいづくりを考え、身近な住環境から身近な街並、そして心地よいまちづくの一助になるべく、今後もメンバー一同努力していきたいと考えています。